リフォームと同時に考えよう!あなたに最適な仮住まい場所とは

引っ越しして今までと同じ生活を

思い切って引っ越しを

通常の引っ越しと同じように、賃貸物件を探すのももちろん手です。
大掛かりなリフォームですと、家の基礎から改修する、建て替えと変わらないようなものもありますし、そうなると自動的に仮住まいの期間が長くなります。
何カ月もかかるとなれば、できるだけ今までと同じような生活をしたいですよね。
勤務先や学区など条件はついてくるかもしれませんが、現在は非常に多くの物件であふれ、供給過多の傾向にあるので、条件に合った物件を探すことはそう難しくはないでしょう。
空き家にしておくより、短期でも入居してもらいたいという理由から、敷金礼金がない物件なんてものも存在します。
多少狭くても家族全員で住めますし、少しの間だけでも新しい環境で新鮮さを味わうのも良いかもしれませんね。

引っ越しはやっぱり大変

仮住まいとして賃貸物件を選択した場合に必要になる費用は、敷金礼金、不動産仲介手数料、家賃、水道光熱費、共益費、清掃費、修理費などです。
一度でも引っ越しを経験した方なら馴染み深い言葉でしょう。
家財道具を運べる車やトラックを持っていなければ、引っ越し業者に頼む費用も発生します。
また、敷金が戻ってこないような契約になってしまったり、退去時の清掃費が高かったりと、予算の面で厳しい部分があります。

費用の問題だけではありません。
持ち込んだ家具が間取りに合わなかったり、カーテンの丈が違ったり、備え付けの家具がなかったりして、収納に困ってしまう可能性もあります。
長期間のリフォームではない場合、短期の契約が成立しなかったり、そもそも短期入居の物件が少なかったりします。
入居時の費用を最低限に抑えつつ、持ち込む荷物を吟味した上で、引っ越し先での生活をスタートできるといいですね。


この記事をシェアする