リフォームと同時に考えよう!あなたに最適な仮住まい場所とは

忘れてはならない仮住まい

一番お手軽!ホテルの仮住まい

ホテルは最低限の生活ができる空間を売っている訳ですから、当然ながらベッドや机などの家具は揃っています。
自宅の家具を持っていく必要がないので、引っ越し費用もかかりませんし、身の回りの最小限の荷物で事足りるでしょう。
多くのホテルには長期滞在者向けに、コインランドリーや電子レンジなどを設置しているので、若干不自由だと感じても、短期間ならば十分だと言えるのではないでしょうか。

何より、仮住まい先に決めてから、実際に泊まるまでの手間が一番少ないと言っても良いと思います。
インターネットや電話で予約して、チェックインすればそれで仮住まいの手配は終わりです。
工期の予定があやふやで、急に延泊や減泊が必要になっても、それをあらかじめ伝えておけば臨機応変に対応してくれるでしょう。

ここは押さえておこう!ホテルの注意点

ホテルには繁忙期が存在します。
連休、クリスマスやお正月などの特別な日は、すぐに予約が埋まってしまいます。
リフォーム時期がそういった繁忙期と重なる場合は、早めに予約を取る必要がありますし、部屋が空いていても、宿泊料金がかなり高い可能性があります。
数日の滞在ではなくなってしまったら、宿泊中にかかる食事代などの費用の合計を考えて、仮住まい先を見直す必要があるかもしれませんね。

選ぶホテルによっては、家族が一つの部屋に泊まれない可能性もあります。
特にビジネスホテルですと、シングルやダブルの部屋に需要がありますので、五人家族の場合は三部屋取ることになってしまいます。
予約する前にきちんと確認して、後悔のないホテル選びをしてくださいね。


この記事をシェアする